LOADING NOW

ページトップへ

達人のNLPペーシング(先の先、後の先)

ブログ担当1/2(今のところ)加藤聖龍です。

分母が増えるのを期待しています。

 

最近、聞いた話です。

あるセミナーに参加された方がワークでペアを組んだ方に

「ミラーリングが出来てない!」と言われたそうです。

*ミラーリング=ラポール(信頼関係)を築くために相手の動作などを真似すること。本当に同調が起こったときに無意識で出てくるもの。

 

その方、それを言った人よりうんと経験もあるし、NLPに造詣も深い人。

まあ相手もそんなことは知らなかったんでしょうね。それを言った人がやったのと、求めたのはきっとバレバレのミラーリング。

 

NLPやってると、このミラーリングってのが出てくるときもあるんだけど、私はセミナーでは、そのあたり十分注意してお伝えしています。

 

だって気持ち悪いじゃん。目の前でバレバレで同じ動作されたら。

ちょっと想像してみてください。イヤでしょ(笑)

 

うまい人はホントにさりげなく行うんだよね。それだったら意義と意味はあるんだけど、そうじゃない人にやられてもね。

 

相手に気づかれた時点でお終いなのよ。なぜならNLPは無意識に働きかけるものだから。