LOADING NOW

ページトップへ

フラワーレメディとは?

バッチフラワーレメディボトル バッチ博士のフラワーレメディとは、
1930年代にイギリスの医師であり細菌学者・病理学者・ホメオパシー医でもあった
エドワード・バッチ博士(1886-1936)によって完成された心や感情のバランスを取り戻すための植物や岩清水から作られたシステムです。

バッチ博士は、病気は、精神や心の不調和から起こると考え、野生の植物に心や感情を癒す力があることを発見し、1936年に38種類のバッチ博士のフラワーレメディを完成させました。イライラ、落ち込み、ショック、怒り、不安、迷いなど誰でも感じうる心の状態に対して、38種類のボトルから7種類までを選ぶことによって、無理や副作用もなく本来のバランスのとれた状態に戻してくれます。

現在では、広く世界70カ国もの医療関係者から一般の人々にまで使われています。
バッチ博士のフラワーレメディは精神や感情の状態に作用させるもので、体の症状に直接働きかけるものではありません。しかし、「病は気から」「心身一如」と言われるように、バッチ博士のフラワーレメディを飲み精神状態が良くなることによって、免疫力が高まり、より健康になったという例は今までに数多く報告されてきました。自分の性格や今の精神状態をとらえ、ふさわしいバッチ博士のフラワーレメディを選んで飲むことによって、病気を予防し、心を平安な状態に保てるよう導かれるでしょう。
バッチ博士のフラワーレメディには、様々な感情に作用する38種類のレメディと、緊急時や強いストレス時に使われる5種類のレメディを組み合わせたリカバリーレメディ、それからリカバリーレメディの外用版であるリカバリークリームがあります。

バッチ博士のフラワーレメディの特長

全く副作用や害がなく、習慣性や依存性がないことです。
無害なため、多く飲んでも、たとえ間違って、バッチ博士のフラワーレメディを選んだとしても大丈夫です。気軽に日常的なストレスや感情や精神のバランスをととのえるために、性格や習慣の改善にと使うことができます。また、他の薬剤や治療法とも併用することができるのも大きな特長と言えます。
赤ちゃんからお年寄り、妊娠中、ペットや植物にも使うことができます。

Basic Level
ベーシックレベル
バッチ博士のフラワーレメディの使い方、バッチ博士の歩みや思想について、ひとつひとつのレメディの用途、更に、赤ちゃん、子ども、妊娠中、思春期お年寄り、終末期、動物、植物に対しての使い方などを2日間の中でしっかりと学びます。
2016
7/26(水)、8/9(水)
沖縄県沖縄市高原
10:00~18:00
天然香房
講師:玉城 みさえ
申込先:
angel@tennenkobo.jp
098-933-0030
2017
9/2(土)、9/3(日)
東京都港区赤坂
講師:白石 由利奈
日程をご確認下さい。
2017
9/23(土)、9/24(日)
東京都港区赤坂
講師:吉田 友美子
日程をご確認下さい。
2017
10/21(土)、10/22(日)
東京都港区赤坂
講師:吉田 友美子
日程をご確認下さい。
Advance Level
アドバンスレベル
バッチ博士のフラワーレメディについて、知識や理解を深めながら、他の人にレメディを選ぶ実習も多く行っていきます。
2017
10/14(土)、10/15(日)
東京都港区赤坂
10:00~18:00
(休憩・お昼休憩あり)
講師:白石 由利奈
日程をご確認下さい。
2017
11/11(土)、11/12(日)
東京都港区赤坂
10:00~18:00
(休憩・お昼休憩あり)
講師:吉田 友美子
日程をご確認下さい。
Master Level
マスターレベル
プロのセラピストの姿勢、クライアントとの関係の築き方、あらゆる状況において的確にフラワーレメディを選び、クライアントがよりスムーズに改善されていくスキルを多くの実習体験を通して学びます。
2017
11/25(土)・26(日)
2018
1/13(土)・14(日)
日程が変更となりました。
東京都港区赤坂
講師:白石 由利奈
10:00~18:00
(休憩・お昼休憩あり)
日程をご確認下さい。
Teacher Level Ⅰ
ティーチャーレベルⅠ
ティーチャーレベルⅠでは、説明会や体験セミナー、カルチャーセンター等で指導するための内容等を確認していきます。
Teacher Level Ⅱ
ティーチャーレベルⅡ
ティーチャーレベル2では、日本フラワーレメディセンター公認ティーチャーとして、ベーシックレベルのトレーニングを行う講師を養成します。